山梨古村五社めぐり自然観察会

日 時:平成27年1月7日(水)9301200 天気:晴れ 参加人数:42

コース:旭公民館→浅間神社→御嶽神社→香取神社→妙見神社→豊受神社→旭公民館

担 当:小澤・鈴木・荘子・鶴田・豊島・水野・渡邊

 

毎年恒例の山梨古村五社めぐり、歩き始めて最初に目についたのは葉先に雄花をつけた杉の木、しばらくすると花粉がたっぷり出そうな様子。浅間神社までの道筋では、オオハナワラビ、ヤブソテツ、ベニシダ、イタチシダ、イワガネソウなどのシダ類が茂っていたが、日向にはオヤブジラミ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、ヤエムグラなどがすでに芽を出していた。ちょうど七日粥の日であり、七草を見つけようとしたがハコベはたくさんあったもののセリ、ハハコグサは少しだけという状況でした。

 浅間神社は小高い所にあり、昔は大木に着生ランがあったとのことですが、今はすっかり切られてその面影がなくなっていました。御嶽神社へ向かう途中の斜面にはオドリコソウ、クサノオウ、ホトケノザなどがずいぶん大きく育っていた。御嶽神社は山梨地区の産土神として崇められていということで、境内の樹木に歴史を感じた。香取神社、妙見神社へ向かう民家の庭には大きなケヤキやエノキ、途中の林の中にはキチジョウソウの赤い実、三叉路には『くれまぶり』といわれる魔よけ・・・古村の趣きがあちこちに見られました。最後に寄った豊受大神は、スダジイ、モミの大木があり、着生ラン、イチヤクソウ、キッコウハグマ、ヤブコウジの赤い実などが見られた。ウチワゴケというシダもあったが、乾燥し縮れていたので再度観察に来たいと思った。

 公民館への道すがらスダジイの連理を観察、その謂われを神妙に受け入れ帰ってくると甘酒の差し入れがあり、十分に体を温めることができ、満足しながら観察会を終えた。(水野)


   御嶽神社      豊受神社       ロウバイ      菜の花

 キチジョウソウ     ヤブコウジ    オオハナワラビ    ヒガンバナ(冬)