亀崎の森 自然観察会

日 時:平成27129日(木) 9:3012:00  天候 晴れ  参加人数 44

コース:千代田公民館→物井の森→熊野神社→亀崎の森→千代田調整池→南小校庭前→千代田公民館

担 当: 小沢 栗山 嶋田 末永 三原 山口 渡辺

 

3班に分かれて元気に出発。ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、タネツケバナ、タンポポの花が出迎えてくれました。脇には霜柱が幻想的に美しく光っていました。ヤブツバキが一際真っ赤な花を付け、アオキの赤い実、マサキのオレンジの実、厳寒の1月なのに注意して観るとカラフルな風景に驚きました。雑木林に入るとスギ、イヌシデ、シロダモ、クヌギ、シラカシ、ワジュロ、モウソウダケが目立ちます。ニワトコ、ヌルデ、ヤツデなどの葉痕が人面の様でおもしろい。ヤブソテツ、リョウメンシダ、ベニシダ、イワガネゼンマイ、オオハナワラビなどシダ類も豊富でした。林を抜けると二分咲きの白梅が遠くに見え、ジョウビタキに歓声があがりました。メジロ、シジュウカラ、ヤマガラもいます。春がそこまで来ていることを実感できてうれしくなりました。

熊野神社に到着。大きなイチョウが聳えています。メジャーで測定したところ幹回りが4mあり、幹回り3mを大幅に超える立派な巨木でした。境内は極相林を形成、ヒサカキ、ツバキ、イヌマキ、アカガシ、タブノキ、スダジイ、ケンポナシ、ヒノキ、スギなどが見事です。佐倉市に隣接している森の道を歩き、千代田の調整池へ。池には60羽以上のホシハジロ、空飛ぶ宝石と言われるカワセミが目を楽しませてくれました。

道祖神、馬頭観音、不二(冨士山)講塔、長屋門など歴史的な文化財も見ることが出来て楽しい充実した観察会でした。(小沢)

  千代田調整池     ジョウビタキ     マサキ(実)   シジュウカラ

   タンポポ    オオイヌノフグリ    ホトケノザ    タネツケバナ