吉見の森 自然観察会

日 時:平成2749()9:3014:00 天気 晴れ 参加人数:38

コース:物井さとくらし公園 ⇒ 弁財天 ⇒ 亀崎熊野神社 ⇒ 亀崎の森 ⇒ 飯綱神社⇒ 万福寺 ⇒ 吉見の森 ⇒ 飯綱神社 ⇒ 千代田公民館

担 当:小沢・木村・栗山・嶋田・末永・山口・渡辺

 

 3班に分かれて出発。ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、コメツブツメクサ、タネツケバナ、セイヨウタンポポの花々を見ながら進む。例年、半夏生やノイバラが見られる場所はいつの間にか田んぼに変わっていた。ホタルカズラ、ジュウニヒトエ、タチツボスミレ、マルバスミレ、ヘビイチゴ、ケキツネノボタン、ハルジオンなどまさに百花繚乱の時季である。

林を抜けると2羽のウソを見つけ、全員大喜び。江戸時代に鶴が生息していたので鶴口と呼ばれていた地域を左に見ながら深い森に入った。キチジョウソウの真っ赤な実をみつけ、良いことがありそうな・・・。イヌシデ、ニワトコなどの芽吹きも素敵。モミジイチゴの花も可憐。昼食は万福寺付近の草原で春風を感じながら美味しくいただく。7年前にフクロウの親子がいた甲賀神社にも一部の方が寄ったがフクロウは見られなかった。

帰路には、ジロボウエンゴサク、ムラサキケマン、オオアラセイトウ、カキドオシ、カントウタンポポが咲いていて、サシバ、ツバメ、ヒバリ、セグロセキレイ、ウグイスなども楽しめた。

午後には気温が13℃まで上昇し、約8㎞歩いたが快適。道祖神、馬頭観音、庚申塔、出羽三山供養塔など歴史的な文化財も見ることが出来て充実した観察会となった。(小沢)


 ホタルカズラ    マルバスミレ     キランソウ      ジュウニヒトエ

 ジロボウエンゴサク  フラサバソウ    ムラサキサギゴケ     キジムシロ

  ルリシジミ      イタドリ      ゼンマイ       タケノコ

   シキミ       アケビ        ニワトコ   キチジョウソウ(実)