吉岡東自然観察会

日 時:平成271028() 9:3015:00 天気:晴れ 参加人員30

コース:総合公園→春日神社下→川村美術館(昼食・園内散策)→春日神社→総合公園 

担 当:晝間、遠藤・岡部、藤吉、松川、横山

 

 アカシデの葉が色づき始め、アキニレの実を啄む鳥、上空を飛んで行くアオサギ、草に隠れるように咲くリンドウ、カツラの葉の甘い香り・・・。秋の装いを見せている公園を出て谷津へ向かう。ウグイスの地鳴きを聞きながら坂道を下るとガガイモの実をいくつも見つけた。谷津の田んぼは二番穂が大きくなり、道端にはセイタカアワダチソウやオギ、ススキ、コセンダングサが競うように咲いていた。キタテハ、キタキチョウ、ヤマトシジミも飛んで気分は爽やか。林縁にはガマズミ、コマユミ、ゴンズイ、ヒヨドリジョウゴ、カラスウリ、サルトリイバラ等の赤い実、ノササゲ、ノブドウ、ムラサキシキブ、アオツヅラフジ、サワフタギ、スイカズラ、トキリマメ等の紫色の実が途切れることなく見られ、実りの秋そのものの光景が広がる。カントウヨメナ、シロヨメナ、シロヤマギク、ノコンギクなどの野菊、ワレモコウ、アキノノゲシ、ノハラアザミなどの野草が私達を楽しませてくれた。 

美術館へ行く途中の土手には、ヤクシソウ、リンドウ、オトギリソウ、センブリ、コシオガマがあった。園内に入ると散策路にそって、たくさんのリンドウやセンブリ、シロヨメナを見ることができた。芝生広場で十月桜を眺めながらの昼食は憩いの一時となった。

 帰りは、春日神社に行き農業を守る神とされている「五神名地神塔」に参拝し帰路につきました。

木々の葉や実が色づき始め、移りゆく季節を感じながら秋の一日を満喫した観察会でした。(藤吉)


   リンドウ      センブリ     カントウヨメナ   シロヨメナ

 シロノセンダングサ  コセンダングサ   アキノノゲシ   セイタカアワダチソウ

    ガガイモ      ガマ       ワレモコウ     タカアザミ

  カラスウリ    ヒヨドリジョウゴ     ノササゲ     トキリマメ

  サワフタギ     オオバイボタ      ガマズミ      コマユミ

  キタキチョウ   ウラギンシジミ  ホソミオツネントンボ   ジョロウグモ

   サザンカ    ジュウガツザクラ     オシドリ      春日神社