奥日光・戦場ヶ原(バス)自然観察会

日 時:平成28年6月10日(金) 6:50 19:00 天気 晴れ 参加人数 43名

コース:四街道駅→市川PA→佐野SA→湯元ビジターセンター→湯ノ湖畔→湯滝レストハウス脇(昼食)→泉門池(休憩)→赤沼→羽生SA(休憩)→四街道IC→市内下車地

担当 :荘子、松川、水野、森 

 

 6時50分出発。満開のシウリザクラが迎える湯元ビジターセンターに予定通り到着。

  いよいよ出発、すぐにオオヤマフスマ、タニギキョウ、イケマ、コンロンソウの小さな白い花を見つけた。木道の両側にはウラジロモミ、マメツガ、陽の当たるところにはズミがあるが花はほとんど散っていた。オオウバユリの群落、ユモトマムシグサを見た後、左手に湖面、右手に山の斜面を見ながら進む。ウグイスの鳴き声が聞こえ、ダケカンバ、ハウチワカエデ、ウリハダカエダ、トウゴクミツバツツジなどの若葉が美しい。斜面にはセントウソウ、イワセントウソウ、コミヤマカタバミ、ズダヤクシュ、マイヅルソウ、タケシマラン、クルマムグラなどが花や実を付けていた。一カ月ほど前はシャクナゲが満開であったとのこと。サラサドウダン、キバナウツギなどにも目を引き付けられた。湯滝の上流近くにバイケイソウがあったが山菜のギボウシによく似ている。間違えて食べる事件が起こるのも納得できた。それにしても湖越しに見る山の風景は、湖に移る影と相まってとても素晴らしい。泡立って流れ落ちる湯滝に沿って降りていくと、石垣の隙間にヤマハタザオが花を咲かせていた。ノブキ、ギンリョウソウもあった。

 あわただしく昼食をとり出発。初めて見るコケイランに感動した。エゾハルゼミの声、川面を通り抜ける風、鳥の声の中を進む。木道沿いにはウワバミソウ、ヒメイチゲ、クルマバツクバネソウ、エンレイソウ、サワギク、ズダヤクシュなど花の終わったもの、これからのものなどがあった。川沿いに薄ピンクのクリンソウが一株、シロバナノヘビイチゴは今を盛りと咲いている。オオルリ、キビタキ、ヒガラ、コマドリの声、木々の間を素早く飛び交うミソサザイ。泉門池で休憩をとる予定だったが帰りの時間が押し詰まっていたため戦場ヶ原へと向かう。視野が開け、男体山と草原が目に入ってくる。木道脇には谷地坊主がたくさん見られた。ツマトリソウ、イブキトラノオなどもきれいな花を咲かせていた。遠くの方からカッコウの鳴き声が聞こえ、川中の倒木にはキセキレイが止まっていた。カラマツ、ズミの向こう、男体山を背景にワタスゲが広がる光景は一幅の絵画にもなりえる。クロミノウグイスカグラの実は熟すと黒紫色になるそうだ。赤沼方面から流れ込んでいる小川の岸には、ネコノメソウが緑色の葉を広げていた。途中、休憩もとらず頑張ったせいか、予定の時間通り赤沼を出発することができた。疲れたけれどとても満足した観察会であった。(水野)

オオヤマフスマ    タニギキョウ    クルマムグラ    マイヅルソウ

イワセントウソウ  セントウソウ    スダヤクシュ    コミヤマカタバミ

コンロンソウ    カラマツソウ   シロバナノヘビイチゴ  ヒゲネワチガイソウ

ヤマハタザオ     コケイラン     ヒメヘビイチゴ    ヤマサギゴケ

バイケイソウ    エンレイソウ    ギンリョウソウ   ウワバミソウ

キバナウツギ   ミヤマウグイスカグラ サラサドウダン   オトコヨウゾメ

シウリザクラ    ミヤマザクラ     ズ ミ      マタタビ

湯ノ湖       戦場ヶ原      ワタスゲ      ミソサザイ