皇居東御苑・北の丸公園  自然観察会

日時 :平成28128日(木)8151430 天気 晴れ 参加人数 34 

コース:四街道駅→東京駅→将門の首塚→皇居東御苑大手門→大手休憩所→二の丸庭園→諏訪の茶屋→都道府県の木→二の丸雑木林→中雀門跡→富士見櫓→松の廊下跡→富士見多聞→大奥跡(昼食)→北詰橋門→北の丸公園→日本武道館前(解散) 

担当 :晝間、松川、水野、渡辺 

 

  雲一つない青空、大手門の堀でカイツブリ、ユリカモメ、コブハクチョウのお出迎え、皇居東御苑は久

しぶりとあって参加者の期待もふくらんでいます。桝形の大手門をぐぐり入園証を頂き苑内へ。センリョ

ウ、マンリョウの鮮やかな赤い実が見事。センリョウの黒い点「えくぼ」はおしべが落ちた痕とのこと。

そういう目で見るとかわいい。二の丸雑木林の小道に入り、樹木を見上げ、落ち葉を踏 みしめて野鳥の声

に耳を傾けていたら都会の真ん中にいることを忘れてしまいそうです。東京のカラスのにぎやかな鳴き声

を受け入れる気持ちは江戸城の中だからでしょうか。中雀門跡手前のシナマンサクの花が少し咲いていた

のにびっくり、タラヨウやクロガネモチも真っ赤な実をびっしりつけていました。今年から一般公開の富

士見多門を見学。タチバナはたくさんの実を付け、皇居でしか見ることができな いカモメギクの黄色の花

も見られました。大奥跡の柔らかい大芝生で冬の日差しを浴び開放的な気分で昼食を済ませました。

 午後は北の丸公園へ。北詰橋門を出てすぐ、ケヤキとエノキの高い木の上に実を付けたヤドリギが生え

ていました。 歩道橋からは木に絡まったツルドクダミが見えました。北の丸公園は自由散策、雑木林、

池、もみじ林・・・。土手沿いの散策路から千鳥ヶ淵を眺めると前方に高層ビルも見えてここは都心なん

だと気づかされます。都心の渓谷のヤマモモ、ヤマモミジ、ハゼノキ、メグスリノキの紅葉・・・有終の

美に浸ることができました。武道館前で解散。自然と歴史を楽しんだ観察会でした。(渡辺)

                                     

シマトネリコ     ホソバイヌビワ   タイミンタチバナ    センリョウ

オトコヨウゾメ     ウメモドキ     タラヨウ     クロガネモチ

リョウブ     ウスギモクセイ    シロヤマブキ    ヤマブキ

ムラサキシキブ    フユザクラ               サザンカ

ツワブキ       キチジョウソウ    二の丸雑木林

富士見櫓     ヒレナガニシキゴイ   石垣        展望台より

ヤドリギ      ツルドクダミ          北の丸公園

あとで