房総風土記の丘観察会

 

日 時:平成29年6月6日(火)8:15~15:00 天候:曇り 参加者:27名 

コース:下総松崎駅→坂田ヶ池→風土記の丘→旧学習院初等科正堂→岩谷古墳→房総のむら前広場(昼食)→風土記の丘資料館→浅間山古墳→亀の子池→竜角台2丁目バス停 →成田駅(解散)

担 当:荘子、松川、水野、森 

 

はじめに下総松崎(しもうさまんざき)駅の跨線橋上から周りを見渡し、古墳が造られ 

た6~7世紀頃には、現在の水田は印旛沼からつながる水路であったことを確認し、当時 

は水上交通の要所を占める重要なところだったという、地理的関係を把握した。 

 すぐ、花茎を立て始めたビロードモウズイカが目についた。これは最近よく目につくよ 

うになった。丁度食べごろになったモミジイチゴがたくさん実っていた。坂田ヶ池を廻る 

道には、隣同士にニワゼキショウとオオニワゼキショウがあり、花の色や大きさ、草丈の 

違いなどをよく観察することができた。クワの実が地面にたくさん落ちていて、甘酸っぱ 

いような匂いに満ちていた。また、山側の斜面にはハリギリの実生がたくさん生えていて 

イチヤクソウが10数本固まって咲いているところを3群ほど見ることができた。旧学習 

院正堂の中を見学し、岩谷古墳への途中、ウラナミアカシジミを見つけた。今この時期に 

のみ発生するとのこと。岩谷古墳はワラビ山と言ってよいほどワラビが生えていた。また 

頂上にはヤドリギがついた木があった。風土記の丘の日向ではタラの芽が伸び、木陰では 

ナルコユリが丁度咲き終わり、フタリシズカも実を付け、ヤマユリが背を高く伸ばしてい 

た。小楢の木の下にはオオバノトンボソウが蕾をつけていた。 

 昼食後、資料館で展示物などを見たあと、白鳳道を浅間山古墳の方へ向かう。道の左側 

には数基の古墳が連なり、右の森の中には沢山のキンランが咲き終わった姿が見られた。 

1か月ほど前には、さぞかし見事に咲いていたのではと思った。親子連れのコジュケイが 

道を横切っていくのが見えた。前方後円墳の浅間山古墳は登ることができるので、後円部 

の頂上から下を眺めたら、前方部にあたる逆台形らしい形を確認することができた。房総 

のむらの外周を廻る道にはノダケ、シラヤマギクも背をのばしつつあり、サルトリイバラ 

が実をたわわに付けていた。歩道の隙間にたくさんのキキョウソウが花を咲かせていた。 

この花も最近よく見るようになったと思う。1万数千歩の観察会であった。 (水野)

 

①跨線橋から見渡す   ②下総松崎駅前で説明    ③ビロードモーウズイカ(1)④同左(2)

  ⑤トラノオ       ⑥モミジイチゴ    ⑦ウグイスカグラ     ⑧クワの実

  ⑨ニワゼキショウ  ⑩オオニワゼキショウ    ⑪比較       ⑫ハリギリの棘

 ⑬タイサンボクの花   ⑭ハナショウブ      ⑮コウホネ      ⑯スイレン

  ⑰イチヤクソウ(1)   ⑱イチヤクソウ(2)     ⑲アジサイ(1)    ⑳アジサイ(2)

 

  ㉑101号古墳     ㉒ムラサキシキブ     ㉓クララ(1)      ㉔クララ(2)

  ㉕ユリノキ     ㉖旧学習院初等科正堂    ㉗ニガナ      ㉘ヤドリギ

 ㉙ウラナミアカシジミ  ㉚ベニシジミ     ㉛ベニシジミとワラビ  ㉜ノアザミとミツバチ

 ㉝アカタテハのさなぎ   ㉞ナルコユリ    ㉟タラノキ      ㊱フタリシズカ

㊲ヤマユリ(つぼみ)  ㊳ヒメコウゾ      ㊴クリ 雄花と雌花