山梨の森観察会

 

日時:  平成297月1日(金) 天気 曇り時々雨 参加人数 16 

コース: 旭公民館→縄文の丘→豊受神社(休憩含む)→遠田橋付近→メダカ池、ハンゲショウの里(トイレ休憩)(一次解散)→旭ヶ丘4~5丁目→旭公民館(解散) 

担当:  小沢、栗山、末永、三原、山口、渡辺(愛)、渡辺(幸) 

 

 雨の心配もありましたが、16名が出発。7月は半日の観察会です。今日のハイライトの半夏生は夏至から数えて11日目で今年は7月2日。1週間前に除草作業はしましたが、ハンゲショウの様子はどうでしょうか。 

 公民館の先の小道にトクサ、コンフリー、バショウの大きな葉は南国を思わせます。トリトマのオレンジ色の花、スオウの実、ヒイラギナンテンの実など左右の植物は目を楽しませてくれます。この辺は歴史的にも古く、さかな道に続く旅籠があったところです。明治時代に日本に持ち込まれたポポーの木にたくさんの実がついていました。食べたことがあるとか、甘いとかの話で盛り上がりました。葉がホオノキと似ています。暗闇の竹林に入ります。この時期はクロヤツシロランの姿も形もありません。ヘビが出なくて幸いでした。視界が開けて、大きなビワの木はたわわに実をつけていて、小ぶりですがおいしそう! 豊受神社では雨も本降りになりました。青いアジサイも雨に濡れています。境内のスダジイ、モミ、アカガシなどの大木は天に向かっています。神社の脇道にオオカモメヅルの紫の小さな花を見つけました。縄文の丘は雨もひどくなってきたので早歩きをして小名木川の林縁に降りてきました。ウワミズザクラとイヌザクラがすぐ近くにあり目の高さにあったので、実、葉の付き方の違いを確かめることができました。ホオノキも低い位置で見られ葉を風車にして回るか走ってやってみました。葉を飛ばしたりして子供に帰ってしまいますね。ヒメコウゾの実を試しに食べてみました。口に残るので甘い汁だけにしましたが、二度と食べたくないという人もいました。畑にたくさんのモンシロチョウが追いかけっこ。林床にはハグロトンボがひらひらと。飛べないキアゲハもいました。水田にオモダカ、ヒメミソハギ。イネ科のヤマアワが勢力を広げています。林縁のツリバナ、ヤマコウバシ、ミツバウツギ、サワフタギなどの実が次から次へと現れます。エゴノキの枝に房状のエゴノネコアシの虫こぶがまるで花のようです。一つ裂いてみると無数のアブラムシが住んでいました。やっとハンゲショウの里に着きました。立ち上がって白く色づいていたのは、わずかでした。来年に期待するしかありません。しかし汗だくだった私たちに白い葉の爽やかさは一時の涼しさを感じさせてくれました。 

 帰りは旭小学校の手前でニガクサを発見。花はピンクの唇形の面白い形をしていました。じめじめした梅雨は、草木にとっては恵みの雨。木々や草花の美しい季節の観察会でした。(渡辺(幸))

 

①出発前        ②トリトマ      ③ネムノキ  ④エゴノネコアシアブラムシの虫こぶ

⑤ヤマアワ       ⑥アスナロ       ⑦イヌザクラの実   ⑧ウワミズザクラの実

⑨エゴの実       ⑩オオカモメヅル    ⑪ガマズミ      ⑫ゴンズイ

⑬ツリバナ       ⑭ザクロ        ⑮ニガクサ      ⑯ハナイカダ

⑰ヒメコウゾ      ⑱ヒルガオ       ⑲ヤマコウバシ    ⑳半夏生の手入れ

㉑アマガエル      ㉒赤ちゃん       ㉓ヤブキリ      ㉔カノコガ

㉕キアゲハ       ㉖ツバメアオシャク   ㉗キタテハ      ㉘キリウジガガンボ

㉙コガネグモ      ㉚ノシメトンボ     ㉛ハグロトンボ    ㉜ヤマトシジミ

㉝ヒメギス       ㉞ヒメジャノメ    ㉟サツマノミダマシ   ㊱ホタルガ