小竹の森自然観察会

 

日 時:令和元年11月18日(月)9:30~13:40 天気:雨のち晴れ 参加人数26名 

コース:ユーカリが丘駅→女子大グランド右折→青菅橋付近右折→近くの斜面林(アオハダ)→さくら霊園(昼食・トイレ休憩)→手繰り川→臼井駅着 

担 当:秋山・尾澤・北村・栗山・藤吉・松川・森・横山 

 

ソヨゴ
ソヨゴ

 朝、雨が降っていた。もう少ししたら雨があがるという情報もあったので、はじめの会は、次の電車観察会の案内も入れてもらい、また今日の観察のメインである「アオハダ」の拡大写真をみせ、少し遅れて出発した。雨は少し歩いたならば、やんでいた。そしていつのまにか晴れ間もでていた。

 

クスノキ通りには、アオハダと同じ仲間のソヨゴの赤い実も見つけることができた。これはアオハダの赤い実も見つけられそうだと思った。

 

小竹小学校の校庭には3本のユーカリノキをみることができた。女子大グランド裏の空き地では、染料のアイ、葉の丸いユーカリノキ(ギンマルバユーカリ?)を見ることができた。また人家の庭にシマトネリコも見ることができた。こちらの方は「アオダモ」の仲間である。 

ユーカリ
ユーカリ

目的地の斜面林に近づくと、下見の時と同じように、空でノスリとカラスの喧嘩?を見ることができた。

 

近くの田んぼでは、スカシタゴボウとイヌガラシの違いを見つけたり、ヒレタゴボウの実の形やその多さに驚いたりしているうちに、斜面林のアオハダの紹介だという気持ちになった。

 

まず株立ちしている大きなアオハダを見てもらったが、ここには実がない。雄株なのかと思い、少し先のアオハダを見に行ったが、ここにも実はついてないし、落ちてもいない。

 

下見の時にも確かに見つけられなかったが、今回は拡大写真のアオハダの赤い実をみてもらい、大勢で探せば見つかるのではと淡い期待を持っていたが、残念なことであった。

 

「佐倉の植物誌」という冊子の紹介では約90本のアオハダが見つかるはずだと書かれていたが、そんなに見つけることはできず、これも残念なことである。

ナンテンハギ
ナンテンハギ

 その後、さくら霊園に着き、昼食をとり、手繰川を渡り、2回上り下りし、駅に着いた。

 

途中、カラムシの仲間(アオカラムシ?)を見つけたり、ナンテンハギを見つけたりしながら、余裕をもって臼井駅に着くことができた。 

 

 これからアオハダ探しは独自に続けようと思っているが、この時期の観察会としては、リンドウやサラシナショウマ、センブリなど、押し詰まった秋の野草観察がいいのかもしれないなと思っている。          (尾澤)

 

その他の写真は下記を参照ください。

雨の中ユーカリが丘駅に集合  ヤマボウシ     クスノキ並木を     デュタンタ    

  白い花のハギ    根本が膨らんだクスノキ    ソヨゴ・アオハダと同じ仲間とか

オリーブという店にオリーブ   マユミ       ユーカリ        シマトネリコ

  ギンマルバユーカリ?          アイ(染料の材料)  ヨウシュヤマゴボウ    ツゲの花と実

 

   ノイバラ         ノブドウ     シロダモ雄花     レンギョウ狂い咲き

  ヒレタゴボウ     ホナガアオビユ     オオニシキソウ    コシロノセンダングサ

  シラヤマギク      ヤブコウジ       アオハダ幹       アオハダ葉

 枝を削ると青い肌が   シロダモの雄花と実     トキリマメ      タイアザミ

   ヒサカキ        ゴンズイ      ナシの花が咲いて    トウ?ネズミモチ

  ジョロウグモ        ガマズミ    コブだらけのスダジイ   オオハナワラビ

  ベニバナボロギク     アカメガシワ      ニワトコ       ナキリスゲ

カラスウリやっと見つけた  サザンカの垣根      ホウズキ    昼食場所に有ったカキ

  ドウダンツツジ   昼食後バスの時間で早めに出発  旧佐倉街道を行く  変わった干し方

   サザンカ       ニワトリのお宿     ナンテンハギ      ヨメナ