自然教育園電車観察会

日 時:令和 元年11月29日(金)8:15~13:50 天候:晴れ  参加者:43名 

コース:四街道駅(集合)→品川(乗り換え)→目黒駅(途中乗車者の受付)→自然教育園入口→教育管理棟→路傍植物園→館跡→おろちの松→武蔵野植物園→ひょうたん池付近(昼食)→水生植物園→物語の松→自然教育園入口(解散)

担 当:水野、三原、森、渡辺(幸)  

ムサシアブミ
ムサシアブミ

入ってすぐの路傍植物園には、こんなに寒いのにまだシロヨメナが沢山咲いていた。ア ブラチャン,モクレイシなど聞きなれない名前の木にも目が行った。 

 

あちこちにトウモロコシのような形の赤い実が、土からニョキッとでていた。そばには黄色くなった大きな三つ葉が萎れていた。ムサシアブミだとのこと。私の身近では見たことがないものだ。

 

ウバユリの果実(種はなかった)が沢山立っていた。

 

ウバユリ
ウバユリの実の殻

ウバユリという名前の由来:

【世話していた子供が成人する(花が咲く)頃には、乳母は歯(葉)がなくなっている】を聞いて、失礼しちゃうわね、と言っている人も。

 

 

この道筋にはモミジガサ、シモバシラ、イヌショウマ、ヤブタバコ、ヌスビトハギ、カリガネソウ、チョウジソウ、コバギボウ シ、ヤブコウジ、カラタチバナ、センリョウ、マンリョウなどの実を見ることが出来た。

 

頭上を見上げると、房状になったイイギリの赤い実が一杯ぶら下がっていた。 

トラノオスズカケ
トラノオスズカケ

それにして もこの教育園にはアオキが多いと感じた。

 

室町時代の豪族館付近にあった太いムクノキの 名札に、アサ科と書いてあったのには驚いた。家に帰って調べてみたらニレ科となっているものもある。どちらなのだろうか?

 

モミジの紅葉は、まだ上の方が半分程度紅くなって いるだけであったが、振り返って坂の上から眺めたら、光に当たって紅く輝いて美しかった。 

おろちの松の根
おろちの松の根

   

 おろちの松はこの10月16日に倒れたそうだが、そのままにしてあった。根を見て根を見てみると、倒れて 1カ月ほどしかたっていないが、根に黴が生えていて、腐っているようなところも多く、倒れる前から根が弱っていたのではないか? と思えた。

 

武蔵野植物園 ではタマノカンアオイがあったが、全て遠くにあって花を確認できなかった。

キジョラン
キジョラン

また、コウ ヤボウキが咲いていたとのことだったが、気付かず通り過ぎてしまって残念だった。

 

キジョランの青々とした葉が繁っていたので、実がなっているか調べたが、なかったのは残念 だった。キジョランの名前の由来でも「失礼しちゃうわ!」となった。

 

 昼食となったが寒かったので誰も四阿で食べず、日の当たるところで弁当を広げた。

その後、水生植物園 を一周したが、ここは6月頃に来るのが良いと思った。

 

樹齢約400年の『物語の松』の 姿に感心しながら、予定より早く出口に着いた。その後、隣にある庭園美術館に寄る方、他の方面に行く方など、自由解散となった。   (水野)

その他の写真は下記を参照ください。

        ムサシアブミ                ラショウモンカズラ     

  ダイコンソウ       コクサギ        ヤブレガサ      ウバユリ

  センリョウ     カラタチバナ(100両)  ヤブコウジ(10両)    カラムシ

    ヤツデ      タマノカンアオイ     モミジガサ       ヤブラン

   ハゼノキ        ハゼノキの実      説明看板       ケチヂミザサ

   ウバユリ    スダジイの大木、土塁に植樹  キチジョウソウ     可愛い作業車

     トラノオスズカケ 説明看板をご覧ください

   カルガモ        マユミ         黄葉          紅葉

      イヌビワとその実

    カマツカ      シロモジ        シロモジ       サガミラン

 テンニンソウ       ヒイラギの花    アカフユノハナワラビ   オオハナワラビ

  ササバギンラン      ノシラン       キジョラン       紅葉

   イイギリ       コウヤワラビ       ヤブラン       コバギボウシ

   ミツガシワ       ノイバラ       ワレモコウ    ナガボノシロワレモコウ

   トモエソウ      アオツヅラフジ    アオツヅラフジ      シオデ

    ムクロジ      ムクロジの木肌    ヤブタバコ 触るとヤニの様なくさい匂い