身近な自然や生きもの

    ウスキツバメエダシャク
    ウスキツバメエダシャク

自然大好きな人たちからの情報を掲載しています。美しい花、かわいい鳥、ユニークな虫・・・その他いろいろそんな仲間たちとの出会いを楽しんでください。

2019年

6月

28日

半夏生(ハンゲショウ)が見頃です

 

4~5年前に旭ヶ丘ホタルの里の一角に何人の方から頂いたハンゲショウを植え、年2回ホタルの里の手入れの時に草刈りをし整備をしてきました。今年は数百本のハンゲショウが咲いています。ここ1週間位が見ごろです。場所は旭ヶ丘ほたるの里の遊歩道、メダカ池の隣です。

 

散歩がてら是非お出かけください。(松川)

2019年

4月

07日

スプリング・エフェメラル(春の妖精)

鶴田さんからの投稿です 春の妖精が来たんです! 

 

今朝、、庭に出ると、スイセンの葉にツマキチョウが翅を閉じて、じっとしていました。 

少し気温が低かったので動く来ませんでした。 

もう少し気温が上がるとと思いながら気にしていましたが、いつの間にかいなくなっていました。 

スプリング・エフェメラル(春の妖精)の1つです。 

翅の裏側は写真のように木の葉の迷彩色のように目立たなくなっています。 

翅の表側は白色で前翅に黒点があり、オスは翅の先端が黄色でメスは灰色をし区別しやすくなっています。 

モンシロチョウより少し小さく、飛び方が直線的に飛ぶ特徴があります。 

2019年

4月

06日

クマバチの来訪

鶴田さんからご自宅の庭にクマバチが来との情報です。春が真盛りなんですね~

 

虫大好きな皆さんへ 

44日今年初めてクマバチが我が家の庭にお目見え 

目覚めたばかりのなのかの、全く警戒心もなく、 

アセビの花から花へと盗蜜を繰り返していました。 

多分もうお会いしているとおもいますが  鶴田

 

2019年

3月

23日

福星寺の枝垂桜情報

福星寺の枝垂桜が見ごろ(五分咲き?)になっているようです。ソメイヨシノが開花したと思ったら同時ですね。心が弾みます!Tさんからの情報です。

   福星寺のシダレザクラ 見ごろは来月初め頃まで?

   シキミの花      コスミレ

2019年

3月

21日

総合公園のカタクリ開花!

3月21日 10:00 桜(ソメイヨシノ)の開花宣言が出されましたね。総合公園のカタクリもそろそろ顔を出してくれるかなと行ってみました。数本のカタクリが咲いていました。もう少しするともっと咲き出すでしょう。

今年初めてのカタクリです。可愛いですね~               こちらはまだツボミです

周辺はこんな感じ、でもよく見るとフキノトウとかスミレとか

スイセンは今が真盛りです。今のうちによく見ておいて下さい と言っているようです。

2019年

3月

18日

シジュウカラの話

シジュウカラのお話能力について、Tさんから情報がありました。メールのやり取りで学術的な研究もなされているようです。皆さんもご興味があると思いますので参考までに掲載させていただきます。

【Tさんからのメール】

シジュウカラの鳴き声に言語があるそうです。彼らはただ鳴いているのではなく会話をしているようです。 

 ヂヂヂ   集まれ
 ツツピー  求愛
 ピーッピー 危険
 シェー   威嚇
 チカチカ  カラスだ
 ジャージャー ヘビだ
 ピーツピー+ヂヂヂヂ 皆で敵を追い払おう
 (危険)  (集まれ)
です。
子育ての時期、巣箱の中の子供に「チカチカ(カラスだ)」「チカチカ(カラスだ)」
と鳴くと、子供たちは背を低くし巣箱の底に、くっ付くようにします。
また「ジャージャー(ヘビだ)
「ジャージャー(ヘビだ)」と鳴くと子供は外に逃げ出すそうです。
メモはこれだけでした。
これから聞き耳頭巾をかぶったようにシジュカラに秘密の話を聞いてください。

 

以下はKさんからいただいた参考資料です

2019年

2月

22日

たろやまでニホンアカガエルの卵嚢み~つけた!

鶴田さんからたろやまでニホンアカガエルの卵嚢を見つけたとの情報が入りました。ついでに?オオヨシキリの古い巣も見つけました。(2/25修正)

反射して少し見にくいですけどね

任海さんのお宅の近くの「メダカ田んぼ」周辺では数日前から沢山の卵嚢を発見しています。

ついでに、イノシシの足跡も!!!

2019年

1月

01日

新年のご挨拶

 

2019年・あけまして おめでとうございます

 

 

会員の皆様におかれましては,ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 

さて、四街道自然同好会は1989年に市川元会長により創立されて以来、30年を迎えました。現在活動をしている【自然観察会、学校支援、ホタルの調査・保護の活動、会報誌の発行】など殆どは1990年代半ばにその種が蒔かれ、その後自然を愛する仲間たちにより支えられ、育てられてまいりました。 

会員数は2005年のピーク時には487所帯になり、四街道市の全所帯の1.6%は四街道自然同好会の会員という時期もありましたが、年々会員数は減少を続け最近では180所帯程度まで減少をしています。 

こうした中で四街道自然同好会では昨年も、四街道市内を中心とした通常観察会18回、ホタルとセミ観察会2回、電車・バスでの観察会4回、半日観察会6回、合計30回の観察会を実施しました。また、たろやまの郷における「生き物調査」を10、学校支援では和良比小6回、中央小3回、山梨小9回、みそら小6回、栗山小5回のほか新たに旭小4回が加わり小学校6校 33回、中央保育所2回、同みそら分園2回、合計37回の学校等の自然観察授業を実施しました。 

すなわち年間で、自然観察会30回、生き物調査10回、自然観察授業37回 合計77回もの活動を行ってまいりました。この他「緑と公園を大切に…」をキャッチフレーズに、四街道地域振興財団との協働事業として発足した公園の名札付けも今年で10年目を迎えます。これまで41の公園に名札付けを行いました 

また、20年以上継続をしています「ヘイケボタル生息調査」やホタルの里の手入れを継続して実施いたしました。4日に一回は何かをやっている状態です。こうしたなかで運営委員のなり手が少なく、高齢化が進む中で従来と同じ活動数をこなすのは大変すぎるという声が従来からありましたので、今年度は観察会の班体制を従来の3班体制から2班体制にし、これに伴い通常観察会は昨年の18回から12回に減らすとともに、バス、電車による観察会も4回から2回に減らします。また、①会社の定年の年齢が60才から65才、70才とどんどん延長されておりボランティアをされる方が大きく減っていること②保育環境の整備が進む中で、若い女性の方々が働きに出る傾向も定着しつつあり、ボランティア団体はどこも深刻な会員の減少に悩まされています。四街道市は東京から40キロ、都会と田舎との接点に位置する街です。放っておきますとホタルが舞う、素晴らしい自然環境はアッという間に失われてしまいます。四街道自然同好会の地道な活動をご理解いただき、会の活動にお力を頂くとともに、会員の継続にもご協力をお願いする次第です。 

ボランティア活動に参加し、衰えつつある体力や気力、好奇心を刺激することは若返りのもっとも手軽な道です。是非お仲間誘いあわせのうえ積極的にご参加ください。 

運営委員一同お待ちしています。 

2019年1月  四街道自然同好会 運営委員会

 

2018年

11月

28日

勘違い!!

 

栗山さんから「勘違い」した植物たちの写真をいただきました。以下に紹介させていただきます

 

20189~10月の台風により四街道市内に勘違いして新しい葉を出したり、開花してしまった草木を多く見るようになりました。

 11/19ウメの開花     11/2アキニレ 新旧の葉(総合公園)     11/2カツラ新葉

  11/2カツラ新葉   11/2アキニレ新葉          11/7スモモ開花

  11/11ウメ開花          11/11カツラ新葉         11/14マユミつぼみ

     11/14コブシ開花(成東)       11/17コブシ新葉    11/20サンショウ開花

 11/22カイドウ開花   11/25ノジスミレ開花  11/2アキニレ新葉

2018年

11月

19日

成山観察会下見

11/26(月)予定の成山の森観察会の下見を11/19に実施しました。担当はC班です。歩く距離は少し長いですけど自然破壊から何とか残っている大切な生き物たちを観察する事が出来ます。大勢の参加をお待ちしております。

   マユミ        クチナシの実      アマリリス     少し早い黄葉

 塩害?で枯れたケヤキ   トウネズミモチ  旧麻生邸の長屋門(工事中)  カラスウリ

  たわわに実ったユズ    カナムグラ     ここだけ綺麗な紅葉    ムラサキシキブ

腹の大きなジョロウグモ    サザンカ        ガマズミ       ウツギ

   ヒイラギの花  カニクサこれが一枚の葉とは? シャクナゲの実     シナガワハギ

クリスマスの赤い実はセイヨウヒイラギで別種

高龗(たかおかみ)神社の森 キンエノコログサ   森は全て開発されて   神社のクスノキ   

  クスノキの実   ジュウリョウ(ヤブコウジ)も多くなればセンリョウ?  一輪のツバキ

  オオカマキリの卵嚢    ミツバウツギ       キヅタ        シロダモの実

  ケンポナシの大木  ケンポナシの実 甘い   ムラサキシキブ     ナキリスゲの花

総合公園裏の駐車場のモミジバフウ 紅葉と実     ゴンズイ     返り咲き?のシダレウメ

 フウセントウワタ アブラムシがびっしりと  トウゴマ(ヒマ)種からヒマシ油 熟すとこんな感じ

   オウバイ        サネカズラ    クサギ 染料に使う   ベニバナボロギク

   ヌカキビ      可憐なリンドウ 今回の見所の一つです      サルトリイバラ   

  ヤクシソウ    旭中第2グラウンドのポプラ  シロダモの花    ミズナラの赤ちゃん

2018年

10月

17日

長岡林縁の秋下見写真

11月7日(水)予定の長岡林縁の秋観察会の下見写真が担当の豊島さんから送られて来ましたので掲載させていただきます。当日の参考にしていただければ幸いです。尚、当日は旭公民館に集合です。多くの皆様の参加をお待ちしております。

   ハナミズキ      ヤブラン       ユウゲショウ     キチジョウソウ

   キヅタ(花)    オニタビラコ       シロダモ(実)  クロヤツシロラン(果実)

  センニンソウ      ツリバナ        ウチワゴケ       アキアカネ

  ノシメトンボ    シュレーゲルアオガエル  ニホンアマガエル   カメムシの幼虫

   モズ

2018年

10月

04日

大篠塚の秋観察会下見

10/3に大篠塚の秋観察会の下見を行いました。豊島さんから写真が送られて来ましたので掲載させていただきます。本番の観察会は10月15日(月)です。観察会シーズンでお忙しいですが、是非ご参加ください。お待ちしております。

  ヒメスズメバチ     ベニシジミ       ジョロウグモ     ノコギリクワガタ

  キボシカミキリ     コバネイナゴ     エンマコオロギ      ダイサギ

  トウネズミモチ    セイバンモロコシ   セイヨウタンポポ    オオオナモミ

   オニノゲシ     コマツヨイグサ      カヤツリグサ      ヒメクグ

  ジュズダマ       オニグルミ        ナツメ

2018年

10月

04日

山武の森下見写真

10月3日に10/12予定の山武の森観察会の下見を行いました。B班担当です。三原さんから素晴らしい写真が送られて来ましたので紹介します。昨年は雨の為中止になりましたので、今年こそは行ってみたいと思っています。皆様もご期待下さい。

  ナガコガネグモ    マルバツユクサ      センニンソウ     アレチハナガサ

  ユウゲショウ      アキノノゲシ      ツリフネソウ        ニラ

  キバナアキギリ    フユノハナワラビ  ヌルデの虫こぶ(ミミフシ)  ガマズミ

  キンミズヒキ      ヤマハッカ       スズメウリ      ノササゲ

  コブシ(実)      ヒヨドリバナ     ツリガネニンジン   アキノウナギツカミ

   コモチシダ     オトギリソウ         クコ       ヤブツルアズキ

2018年

6月

13日

印旛沼周辺観察会のお知らせ

6月20日(水)実施予定の印旛沼周辺観察会のお知らせです。

梅雨真っ最中の開催で、雨が予想される状況ですが、雨の場合は中止とします。小雨でも中止です。昼食を予定している場所が屋根が無く小雨でも不都合があるためです。実施可否の判断は当日08:00までには行い、ホームページ等でご連絡致します。事前のご確認を宜しくお願い致します。

2018年

6月

12日

御岳山(みたけさん)バス観察会のお知らせ

「しぜん」5月号にも掲載しましたが、8月21日(火)に御岳山にバス観察会がございます。

現在までの参加申し込みはとても順調で、49人の定員の所、すでに39名の申込があります。まだ2か月以上先の話だと安心していると満員となり、参加をお断りすることも考えられます!

どうぞご興味のある方は早めの参加申し込みをお勧めいたします。

 

 参加費:5000円(ケーブルカー往復乗車賃含む)

 内金:1000円

 申込先:090-9319-5025 松川会長まで 各観察会でも受け付けます

 

*見どころ:レンゲショウマ 薄い紫色の可憐な花です

※ところで、最寄りの駅はJR青梅線の「御嶽」駅です。「岳」でないんですね。ガクのある人は知ってい    ました。

2018年

6月

06日

印旛沼と水面水産研究所観察会下見

6/6に6/20予定の「印旛沼と水面水産研究所観察会」の下見を行いました。以下にその時の写真を掲載します。

京成臼井駅に6/20 9:30集合です。A班の担当です。梅雨の中の観察会、雨対策は忘れずに!

1.ハゼ         2.アカメガシワ     3.アカメガシワ    4.ツバメシジミ

5.クワの実       6.ナミテントウ     7.オオアワガエリ   8.ゴマダラカミキリ

9.キイロホリガガンボ 10.マメグンバイナズナ  11.シモツケ     12.コハクオナジマイマイ

2018年

3月

30日

佐倉西部自然公園下見写真

ヤマネコノメソウ

  ウワミズザクラ    ウワミズザクラ     タチツボスミレ    イタドリ(スカンポ)

 カントウタンポポ     ムベの新芽        ヘビイチゴ     オオミノガの蓑

 オオカマキリの卵嚢   モンシロチョウ        ツクシ      モミジイチゴ

  カミキリの抜け穴      ゼンマイ      フラサバソウ       ワラビ

  ハクセキレイ     佐倉西部自然公園

 

※4月13日(金)実施予定です。池花公園集合です。詳細は観察会予定をご覧ください。

2018年

3月

26日

総合公園への道すがら

皇居乾通りのお花見の後、少し時間が有ったので久しぶりにみそらの自宅から総合公園までお花見がてら散歩しました。お目当てはカタクリです。桜はまだ少し早いでしょう。いろいろ発見がありました。

通称波乗り道路の工事はどんどん進んでいます。これが出来てもどれだけ便利になるか全くわかりませんが、お金はふんだんに使っているようです。誰のお金なのでしょうか?

波乗り道路を渡って林縁の道を行くと、昨年までは荒れた休耕田が一面埋め立てられていました。みそら小の観察会ルートで、自然が一杯でしたが今は全くその影もありません。ホタルやカエル、クモやドジョウ、ザリガニ・メダカ・・・み~んないなくなってしまいした。

南波佐間の森を少し過ぎたところでみそらホタル愛好会のKさんに会いました。ウグイスを見つけ写真撮影しているところでした。

旭中をすぎてしばらく行くと東側の山の木が大きく伐採されて、太陽光発電所になっていました。自然エネルギーを利用するのは大いに賛成ですが、今まで有った森の木がみんな倒されて、切り開かれているのを見ると「自然破壊」ではと思ってしまいます。地主さんは森の木では商売にならないので仕方なく商売替えをしているとは思いますが、異様な光景です。向い側の美林もいずれは切り倒されてしまうのかと思うと悲しくなってしまいます。ちなみに私も自宅の屋根に太陽光パネルを設置して発電していますが・・・

通称旭川は数年前から3面コンクリート張の工事が進んでいて、自然保護の観点からは真逆の方向に行っています。先日の「みどりの基本計画」推進委員会では当面の工事は完了との事でした。確かに工事最上流部には蛇篭があって既設の水路とうまく接続されている様でした。それなら、ところどころに蛇篭を設置すればいいのに と思ってしまいます。たぶん自然保護なんてする気が無いのでしょうね。右の写真は総合公園側の工事していない部分です。数年前まではこんなのどかな小川だったのですよ。

やっと総合公園につきました。入り口にはラッパズイセンのお花畑が一面に とてもすばらしいです。しばらく行くと左の崖には可憐なカタクリが今を盛りと咲き誇っていました。早く見に行かないとそろそろ盛りを過ぎてしまいますよ~

桜はあと数日で満開になるかも。でも木によっては枝の先までつぼみが付いていないのでちょっと寂しい感じの花でした。テニスコート近くの河津桜は満開で、メジロも密を吸いにやってきていました。ハナモモもきれいでした。(森)

2018年

3月

26日

皇居乾通りお花見

3/26(月)皇居 乾通りの一般開放に行ってきました。土日を避けて月様なのでそこそこ空いているかと思って行ったのですが、東京駅を降りてから坂下門をくぐるまで1時間かかりました。きっと前日の日曜日だったらその何倍もかかったことでしょう。おなじみのDJポリスもいて警備は万全でした。もし、並ぶのが嫌だという人は午後からが良いと思います。4月1日まで開放しているようですので、出かけてみてはいかがですか?

二重橋の方まで迂回して並びます。仮設トイレが沢山ありますので、並んでいる内に済ませてもOK でも連れがいない方は横入りとなりますのでご注意を

厳重な荷物検査後坂下門へ 白鳥も優雅に     左側が宮殿です     中も沢山の人人人・・・

櫓に桜が映える 手前は蓮の堀 アオサギが飛んできた カメラマンが一杯  昨年植樹の若い桜が多い

 道灌堀       太田道灌だけにヤマブキが そろそろ出口です   あっという間に出口の乾門

それから北の丸公園へ行って千鳥ヶ淵の桜見物を続けました。東京駅の地下で買ったお弁当(マイセンのとんかつ弁当)を石のベンチに座っていただきました。お酒はありませんでしたがおいしかったです~

出口の武道館では明治大学の卒業式があり、多くの学生と父兄でごった返していました。女子はほとんどが袴または着物でお金がかかるな~と思いました。

 枝先は花が無い?   定番の風景です     武道館での卒業式   続々と卒業生&父兄が

2018年

3月

16日

スミレの投稿

鶴田さんからスミレの写真投稿がありました。もう春は来ていますね。靖国神社の桜も開花宣言が出ました。そろそろ花見の計画を立てましょう!

最初のはノジスミレ、後の2つはコスミレとの事です。